engage

理事長 あいさつ

 園庭の桜が例年より早く開花し、以前のように花を愛で親睦を深めるイベントを賑やかに開催したいところですが、新型コロナウイルス禍は一年経っても収束の見通しが立たず、鬱々たる気分に捉われています。そのような中、漸く決め手とされるワクチン接種が始まります。様々な懸念も示されていますが、治療薬のない今、集団免疫の獲得のために迅速で十分な接種が行われるよう望みたいものです。そして、一日も早く平穏で安らぎに満ちた生活環境を取り戻したいと願っています。

 和寿園では感染防止策として、検温や手洗い、消毒の徹底、マスクの使用に加え、面会の一部制限などの措置を継続しており、たいへんご不便をお掛けしておりますが、幸い一人の感染者も出していないことは喜ばしい限りです。しかし、変異ウイルスによる感染が増加している折、油断は大敵です。今後も万全の対策を採ってまいります。
 
 こうしたコロナ禍の影響もあって業績は芳しくはありませんが、役職員懸命の努力の結果でもあります。コロナ後を睨みつつ、今後も一丸となって「ひとの心に寄り添い、地域の一員として福祉社会の発展に貢献します」との法人理念の実現に向け、着実に歩み続けてまいります。ご利用者・ご家族様はもとより、関係機関・団体の皆様のご理解とご協力を引き続き賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 令和3年4月1日       
 理事長 薦野信(こものまこと)

法人理念

ひとの心に寄り添い、
 地域の一員として福祉社会の発展に貢献します

経営方針

1 信頼の確保に努めます

・ご利用者一人ひとりの命と尊厳を守り、その意向に沿って自立を支援すると
 ともに、生きがいと安らぎのある生活を提供します。
・介護技術や接遇技術の向上に努め、最適な福祉サービスを実現します。
・関係法令の順守と経営情報の開示により、地域に開かれた法人経営を
 行います。

2 協働の推進を目指します

・専門職の誇りとチームワークを大切にし、持てる能力が遺憾なく発揮できる
 職場環境をつくります。
・コミュニケーションを密にし、活力と働きがいのある職場づくりに努めます。
・関係機関・団体、地域との結びつきを強め、相協力して地域の福祉力向上を
 目指します。

3 責任の明確化を図ります

・福祉の心を持った優れた人財を育て、和寿園だからできる福祉サービスを
 不断に追求します。
・健全かつ接続可能な経営のために、ガバナンスと財務規律の強化に努めます。
・地域の一員として、地域のための経営に徹し、公益事業や地域貢献活動に
 積極的に取り組みます。

職員行動指針

1 私たちは、人権とプライバシーを尊重し、利用者本位のサービスを
  提供します。
2 私たちは、専門職としての役割と責任を胸に、絶えず技術の向上に
  努めます。
3 私たちは、コミュニケーションを大切にし、最善のチームケアを進めます。
4 私たちは、常に笑顔を忘れず、活力と働きがいのある職場をつくります。
5 私たちは、和寿園の職員として、ルールを守り職務に誠実に取り組みます。