理事長 あいさつ

 社会福祉法人和寿園におきましては、関係各位のご支援、ご協力を支えに概ね順調に経営できておりますこと、役職員一同厚くお礼申し上げます。
 さて、4月1日から平成31年度がスタートしたばかりですが、5月1日からは令和元年度に改まりました。この節目の時に当たり、気持ちも新たにご利用者本位の運営に取り組んでいく所存です。また、改元に併せ、市名も住民投票を経て丹波篠山市に変更されました。当法人も健全経営に注力し、今後の市の発展の一翼を担いたいものと考えています。
 福祉の分野では、相変わらず施設内事故や不適切処遇が発生しておりますが、決して他人事と思わず、どこにでも起こりうるものとの思いを忘れず、日々の処遇に誠心誠意当たっていくことが大切です。
 また、ご利用者の高齢化と重篤化がますます顕著になるなか、人財の確保にも難渋していることから、働き方の見直しや研修の充実を図るとともに、ICT、IoT技術を活かした介護支援機器の導入にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。
 今後とも引き続きご指導とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 

 理事長 薦野信(こものまこと)

和寿園 理念

その人の尊厳を大切にし、やすらぎと生きがいに貢献する

経営理念

1.地域社会に貢献する
2.利用者満足と職員満足による経営満足を目指す

基本方針

1.自己決定を尊重する
2.自立生活を支援する
3.利用者本位のサービスを提供する

人事理念

自己の能力を最大限に伸ばし、全員参加の創造力ある職場風土を作る

職員心得

1.私たちは、笑顔あふれる施設を目指します
2.私たちは、利用者の気持ちに寄り添ったケアをします
3.私たちは、地域福祉に貢献します